忍者ブログ

人体解剖模型ブログ

外科医師・歯科医師の為…と言うより人体解剖模型が好きな人向けの、マニアックなブログです。 「人体の不思議展」や人体解剖学が大好きな方向け。

[87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

BONES ―骨は語る― vol.1

BONES ―骨は語る― vol.1
BONES ―骨は語る― vol.1


BONES ―骨は語る― vol.1

骨だけが真実を知っている――
“骨”のカケラから難事件を暴く、新感覚クライム・サスペンス!

<キャスト&スタッフ>
テンペランス・ブレナン…エミリー・デシャネル(湯屋敦子)
シーリー・ブース…デイビッド・ボレアナズ(木下浩之)
アンジェラ・モンテネグロ…ミカエラ・コンリン(北西純子)
ザック・アディ…エリック・ミレガン(青木 誠)
ジャック・ホッジンズ…T・J・サイン(鈴木正和)
ダニエル・グッドマン…ジョナサン・アダムズ(中村浩太郎)

製作総指揮:ハート・ハンソン

●字幕翻訳:小泉真祐 ●吹替翻訳:平田百合子

<収録エピソード>
■第1話「墓地の眠れぬ魂」(原題:PILOT)
アーリントン墓地にある池から身元不明の遺体が発見された。FBI捜査官のブースはジェファソニアン法医学研究所の法人類学者ブレナンに協力を要請。分析の結果、被害者はベツレヘム上院議員の秘書で行方不明になっていたクリオ・ルイーズ・エラーだと判明する。彼女と上院議員には不倫疑惑があり、しかもクリオは妊娠していた。

■第2話「自爆テロリストの真実」(原題:THE MAN IN THE S.U.V.)
ワシントン市内で中東系の男性が乗った車が爆発炎上。車の持ち主ハミッドが中東問題の政府顧問だったため、ブースはブレナンに身元の検視を依頼する。遺体はハミッドと断定、当初はテロリストと疑われたが、やがて自殺に見せかけて殺害されたことが分かる。ブレナンは彼の骨が異常に脆い状態だったことに疑念を覚える。

<ポイント>
●全米で人気急上昇中! 『24』『PB』に続き、注目の海外TVドラマ登場!
全米ではシーズン3が絶賛放映中の大人気TVドラマ。
『24』『プリズン・ブレイク』『LOST』にハマッた海外ドラマファンは必見!
●『X-ファイル』『CSI:科学捜査班』を融合させた新感覚クライム・サスペンス!
有能な女性法人類学者がタフなFBI捜査官と協力し、“骨”のカケラから、頭脳と最新技術を駆使して難事件を暴いていく、タイトル通りズバリ“骨”に特化した新感覚ドラマ。
●『プリズン・ブレイク』最新シリーズがいち早く見られる!
vol.1には大ヒットTVシリーズ『プリズン・ブレイク』シーズン3の第1話をまるごと特別収録!
●vol.2-6までを収録したコレクターズBOX1は、初回生産限定版のみ『X-ファイル ザ・ムービー』DVD付で、2008年4月25日発売予定。

<特典>
●バリー・ジョセフソン(製作)とハート・ハンソン(製作総指揮)による音声解説
●特別収録『プリズン・ブレイク シーズン3』第1話

ドラマにあふれ、2人の主演スターの相性も抜群で、締まりのあるシリーズとなった「BONES」は、Foxのテレビ作品のラインアップの強力な一員となった。2005年のデビュー時から批評家にも好評だった本シリーズは、「CSI」シリーズと同じ視聴者に受けている。きっちりと書かれた脚本と、確かな演技の「BONES」の第1シーズンは、FBI特別捜査官シーリー・ブース(「エンジェル」、「バフィー~恋する十字架~」のデビッド・ボレアナズ)、ブースがやや皮肉をこめて「ボーンズ」と呼ぶ法人類学者のテンパランス・ブレナン博士(エミリー・デシャネル)に焦点を当てている。22のエピソードはそれぞれ犯罪ドラマの視聴者にはおなじみの前提に従っている――殺人事件が起き死体が見つかるのだ。チームの仕事は、被害者の身元、死因、そしてどのように殺されたかを特定することだ。この部分は他のテレビ番組と違わない。この番組を特徴づけているのはエピソードにこめられたユーモアだ(特にボレアナズは皮肉のきいたセリフを吐くのがうまい)。ブレナンがデートをしようとするエピソードには意地悪なユーモアが含まれているが、彼女が手がける身の毛もよだつ犯罪によって適度に中和されている。これだけ魅力的な主役を抱える番組には珍しく、「BONES」は2人の間に起こりうる愛情を大げさに強調したりしない。むしろ、密かに想い合う恋人同士というよりも兄弟ゲンカに近いような、辛らつな冗談を投げあう場面を効果的に使っている――少なくとも今シーズンにおいては。このシリーズは実在の法人類学者であり作家でもあるキャシー・ライクス(4枚組のセットに収録された短編作品に出演している)をモデルにしている。実話を元にしたこの作品で、キャシー・ライクスはブレナン博士が執筆する殺人ミステリーのヒロインの名前としても登場する。シーズンが終わるころには、視聴者は愛すべき登場人物について十分知ることができるだろうが、彼らがなぜ現在のようになったかを完全に理解するのはまだ無理だろう。それはまだ現在進行中のミステリーだ。(Jae-Ha Kim, Amazon.com)
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
yuzaityo Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索